悩んだ結果、辿り着いたのは「毛抜き作戦」。最近は、ゼロファクター

私は思春期以降、口の周りから顎にかけて濃い髭があります。
今では特に気にしていませんが、濃い髭は剃り跡が青っぽくなりますよね、それが嫌でどうにか髭をなくそうと考えました。
しかし、脱毛サロンに行く勇気は無いし、髭脱毛クリームで抜けるような場所でもない。そこで考えたのが「毛抜きで抜く」でした。
1本1本自分の手で抜くのです。2日ほど髭を伸ばしてから実行しました。
初めは顎の周りの毛を抜きます。非常に面倒な作業でしたが、顎の毛はそんなに痛みも無く簡単に抜けました。
そして、口の周りの毛に移ります。こちらは痛いです。痛みを堪えつつ、全て抜き終わりました。
何十年ぶりかのつるっつるの顔が戻ってきました。髭剃り跡の青い感じもありません。
しばらくはシェーバーも不要で快適な日々でしたが、あっという間に元通り、濃い髭で覆われたのでした。
それ以降、「ありのままの自分」を受け入れることにしました。
でも、最近気になっているのは、こちら→ゼロファクター 口コミ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。